Blog

  • ホーム
  • 超難関医学部入試にむけて現役医大生によるきめ細かい指導とは?

超難関医学部入試にむけて現役医大生によるきめ細かい指導とは?

医学部入試は、大学受験の中でも超難関で難易度が高いと言われている試験です。そのため、しっかりと志望大学の試験対策やスケジュール管理が必要になります。とはいえ、独学で試験対策やスケジュール管理など難しいと感じる方も多いでしょう。

そんな方には、医療系専門予備校がおすすめです。医療系専門予備校であれば医学部への入学に必要な学習を受講することができ、自身に合ったカリキュラムを組んでもらえます。

特におすすめなのが、医療系専門予備校の「MEDICPLUS GATE」です。
MEDICPLUS GATEでは、数年前まで現役だった医大生がオンラインで講座を行います。実際に数年前まで受験生だったため、勉強法や受験までの過ごし方などの体験談を聞くことができます。複数の医大生がいるため、様々な話を聞けて、受験対策ができます。

医学部医学科の受験に強い医学部予備校となっているので、医学部試験が不安な人は受講を検討してみてください。