Blog

  • ホーム
  • 私立大学の医学部はどれくらいの学費が必要なのか?

私立大学の医学部はどれくらいの学費が必要なのか?

私立大学の医学部に入る場合、どの程度の学費がかかるのかは大学によって違いますが、平均的に年間100万円はかかると言われています。医学部は6年間学習することが多いため、その分の学費は払い続けないといけません。

また医学部に入るためには、十分な基礎学力と万全な試験対策を行っておく必要があります。そのために通う医学部予備校の受講費用についても、念頭に入れておかないといけません。
医学部予備校は平均として、年間300万円~600万円程度はかかります。
予備校によって金額は異なりますが、平均の受講費用を参考にした上で予備校を選ぶことが大切です。

予備校によっては、特待制度などが適用されていることもあり、受講費用を抑えて通えるケースもあります。予備校によって特色が異なるので、事前に予備校をいくつか比較した上で、自分が求めるサービスを提供している予備校を選びましょう。