Blog

  • ホーム
  • 現役医大生の個人指導で医学部受験のための知識を習得できる!

現役医大生の個人指導で医学部受験のための知識を習得できる!

現役医大生の個人指導が受けられる医学部受験向け予備校・塾は今や、丁寧なオーダーメイドレッスン、というキーワードを売りに全国的に知名度を高めつつあります。

個人指導型にかぎらず、医学部受験向けスクールでは「いかに効率的に必要な知識・ノウハウを吸収するか」ということがポイントとなりますが、効率的に知識を吸収できる時間をおさえておくことで、試験対策をより能率的に、無駄のない形で進めることができます。

一般的に、1日のうちで脳の活動効率が最も高まるのは午前中、さらに細かく言えば早朝の時間帯だとされています。つまり、午前中のうちに集中して試験対策を進めることでまったく同じ学習内容であっても吸収効率をぐんと高めることができます。

反対に、夕方から深夜にかけては本来心身が休息を求める時間帯であり、脳の作業効率が低下していく時間帯と言われています。

もちろん、脳の特性には個人差がありますので、現役医大生による個人指導塾ではそのあたりも含めて相談してみましょう。