Blog

  • ホーム
  • 現役医大生がわかるまで指導するオンラインのマンツーマンとは?

現役医大生がわかるまで指導するオンラインのマンツーマンとは?

マンツーマン(man-to-man)は、「1対1」といった意味で使われる和製英語です(こうした意味を持たせたい場合、英語では”one-on-one”を用います)。
勉強におけるマンツーマンは講師と生徒の距離が近くなるため、分からないことを気軽に聞きやすい、生徒に合わせたカリキュラムを組みやすいといったメリットがあります。
マンツーマン指導のメリットを最大限に発揮して、医学部受験生をサポートする学習塾があることをご存知ですか?

『メディックプラスGATE』では、オンライン形式でマンツーマン指導を実施。
現役医大生が、医学部受験のために必要な知識・学習の基礎を丁寧に指導します。
医学部受験では、一般的な大学入試で求められる知識量だけでなく、高いレベルでそれを応用する力が求められます。
また、大学によって出題されやすい問題の傾向も異なるため、志望校に合わせた入試対策も必要です。
現役医大生という、最近その難関の壁を突破した学生だからこそ、生徒の「分からない」に寄り添った指導が可能です。