Blog

  • ホーム
  • 市大医学部の難易度は?予備校に通って対策を講じよう!

市大医学部の難易度は?予備校に通って対策を講じよう!

市大医学部に入るためには、基礎学力の向上だけでなく試験対策を講じる必要があります。

医学部は大学の中でも偏差値が高く、入試の難易度も高いです。
個人で独学して試験対策する方法もありますが、学習モチベーションを維持するのが難しいため、継続して学習するのが困難と言えるでしょう。

個人で継続して学習するのが難しいなら、医学部予備校に通い、他の生徒と一緒に学習する方法がおすすめです。
予備校に通えば、講師が志望大学の入試問題を参考に、特別なカリキュラムを組んでくれるため効率よく試験対策が行えます。

医学部予備校の中でも、少人数制で評価が高いのが「S3 Medical」です。
S3 Medicalは、対話式授業で生徒が授業を理解しているのか、丁寧に指導してくれます。

現役東大生が指導してくれる医学部予備校というのもおすすめポイントの一つなので、一度受講を検討してみてください。