Blog

  • ホーム
  • 国立大学医学部の学費はいくら?平均費用について解説!

国立大学医学部の学費はいくら?平均費用について解説!

国立大学に入学して医者になりたいと思っても、気になるのが学費についてだと思います。

まず、国立大学の医学部の学費がどれくらいかかるのかといいますと、平均的に年間50万円程度の費用がかかっている傾向にあります。

もちろん私立大学の医学部よりも学費は安いのですが、医学部は6年制であるため、予算には十分余裕を持っておくことが大切です。

さらに、医学部の試験対策を講じるために医学部予備校を受講することも視野に入れておく必要があります。
医学部予備校の受講費用は、年間300万円~600万円程度はかかると想定しておくことが大切です。
(※予備校によっては、細かい受講費用が異なるので、事前にどの程度の費用がかかるのか調べておきましょう。)

医学部への進学は学費がかかるので、予算内に収められるように、入学を希望する大学や予備校は慎重に検討する必要があります。