Blog

  • ホーム
  • 国公立大学の医学部は難しい?予備校という選択肢!

国公立大学の医学部は難しい?予備校という選択肢!

国公立大学の医学部は入学が難しいと言われていますが、理由はなぜなのでしょうか。

考えられる理由としては、下記のようなことが考えられます。

・科目数が多い
・私立より学費が安いため競争率が高い
・受験のチャンスが2回しかない

国公立大学の医学部は、私立大学と比べて試験の科目数が多く、学習すべき内容が多いのが特徴です。
科目数が多い分、試験対策しないといけなくなるので苦労が伴います。

また私立大学よりも、学費が安い傾向にあるため、経済的な理由から志願者は多いのが特徴です。

他にも受験のチャンスは、前期と後期しかないため、倍率が高く合格率が低いのが国公立の入学が難しいと言われる理由となっています。

受験競争に勝つためにも、効率の良いカリキュラムを組んでもらえる予備校に通う選択肢も大切です。
予備校は受講費用がかかりますが、試験対策が行えるので合格率を高めることができるでしょう。