Blog

  • ホーム
  • 国公立の医学部は学費が安い?メリットについて解説!

国公立の医学部は学費が安い?メリットについて解説!

国公立の医学部は私立の医学部と比べて、学費は安いのでしょうか。

まず私立の医学部の場合、年間で平均100万円程度の学費が必要になります。

国公立の場合は、私立の医学部よりも学費は安く、年間で平均50万円程度の学費が必要です。
私立の医学部よりも、国公立の医学部の方が費用は安いですが、医学部は6年間通う必要があるため、予算には余裕を持っておく必要があります。

また国公立の医学部に入学するメリットとして、研究医になりやすいのが特徴です。
国公立は国や地方公共団体が運営しているため、研究費用が私立の医学部よりも多い傾向にあります。
そのため研究しやすい環境が整えられており、研究医を目指しやすいのが特徴です。

研究医を目指して医学部に入りたいなら、国公立の方がおすすめになります。

医学部の学費については、大学によって細かい金額が異なるので、事前に確認した上で入学するか検討しましょう。