Blog

  • ホーム
  • 医学部受験なら全教科対応可能の現役医大生による個別指導!

医学部受験なら全教科対応可能の現役医大生による個別指導!

医師国家試験と言われても、何の予備知識もなければ「どのような問題が出題されるのか」、「どの程度の勉強量が必要になるのか」など、わからないことのほうが多いかもしれません。ここでは、医師国家試験の出題範囲について具体的に見ていきましょう。

医師国家試験は原則として2日間に分かれており、1日200問でトータル400問となっています。1日の出題構成は各論・必修・総論という流れになっており、9時頃から18時頃までが試験時間となります。

医師国家試験対策において何よりも重要なのは、「守備範囲をできるかぎり幅広くしておくこと」です。医師国家試験において、年度ごとのおおよその出題傾向、範囲を予測することは可能ですが、ピンポイントに特定し、対策することはほぼ不可能です。

優秀な個別指導型の医学部予備校であれは幅広い教科をカリキュラムによってカバーしており、講義を受けるだけで自然と守備範囲が幅広くなっていきますので、試験対策そのものに慣れていないという受験生にもおすすめです。