Blog

  • ホーム
  • 医学部の共用試験「OSCE」対策なら予備校で学ぼう!

医学部の共用試験「OSCE」対策なら予備校で学ぼう!

医学部の共用試験として「OSCE」と呼ばれるものがあります。
実技試験であるOSCEに合格しないと、ポリク(臨床実習)に回ることができないため、事前に試験対策を講じておくことが大切です。

OSCEの試験対策としては、講義で動画を見てどのような練習が必要なのか分析する必要があります。

しかし個人で試験対策を行うことは難しいため、予備校に通い、チームに分かれて練習を行うことが大切です。

予備校では専門の知識や技能を持っている講師が指導してくれるので、試験を行う上でどのような対策が必要なのか、的確に指導してもらえます。診察のコツなど、実技試験で必要な要素などを指導してくれるでしょう。

実技試験は独学で対策を行うことは困難です。そのため講師から指導を受けて、練習を行う必要があります。

少しでも合格率を高めるためにも、予備校に通い、万全な状態でOSCE対策を講じていきましょう。