Blog

  • ホーム
  • 医学部に入るなら足切りのラインを超えよう!予備校で対策

医学部に入るなら足切りのラインを超えよう!予備校で対策

医学部への受験を検討しているなら、足切りのラインについて把握してくことが大切です。

受験における足切りとは、共通テストを一次試験としている医学部において、一定水準の点数に達していない受験生に二次試験の資格を与えないことを指しています。
そのため足切りラインを把握しておき、その基準を超える点数を共通テストで取らないといけません。

共通テストで良い点数を取るためには、試験対策をしておくことが何よりも大切です。
より良い点数を取るためにも、予備校に通って対策を講じることは重要になります。

予備校であれば、過去の共通テストの内容を分析し、適切なカリキュラムで学習を進めることが可能です。
“MEDICPLUS GATE[”なら、現役東大生が医学部受験のノウハウを指導してくれるため、共通テストで必要な学習を講義で紹介します。

医学部を受験した講師だからこそ、効率の良い学習方法を指導してもらうことができるでしょう。