Blog

  • ホーム
  • 共用試験「CBT」とは?対策は医学部予備校で学ぼう!

共用試験「CBT」とは?対策は医学部予備校で学ぼう!

共用試験「CBT」とは、知識を問われる試験でポリクリ(臨床実習)を回るために必要な試験となっています。

CBTは全6ブロックで構成されており、1ブロック60分で問題を解かないといけません。
主に試験対策としては、問題集を解くといった方法がありますが、効率よく学習するためには予備校に通った方が良いでしょう。

医学部予備校なら、共用試験「CBT」の合格のため、必要な試験対策を講じてもらうことができます。
独学ではどこまで学習すれば良いのか迷ってしまい、効率の悪い学習になってしまう恐れがあるでしょう。

しかし医学部予備校で学習を進めれば、特別なカリキュラムで対策が講じられるので、試験の合格率を高めるきっかけになります。
講師への質問もできるので、疑問点も解決できるでしょう。

CBTの試験対策を行うなら、医学部予備校で特別なカリキュラムを組んでもらい、合格を目指して勉強してみてください。